安慶齢 の 姓名判断 命名 占星術

ヘッダーメニュー画像 トップページ ヘッダーメニュー画像 お問い合わせ ヘッダーメニュー画像 アクセス 
甦る占術 安慶齢
  • トップページ
  • プロフィール
  • 占い師からのメッセージ
  • 姓名判断と命名
  • ご利用案内
  • ご利用案内
  • ご利用案内
安慶齢の公式ブログ

新着情報

占いのご用命の前に、ご利用案内とプロフィールをよくお読み下さい。

講演,執筆依頼について

雑誌等の掲載のご依頼や講演への出席や各誌への執筆の依頼のご相談もお問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。

3月の安慶齢トップページ

安慶齢ウェブサイト新着情報

2017.0301 河津桜咲く季節になりました。鑑定はお問い合わせフォームご利用下さい。

2017.0301 「お客様からのメッセージ」を、1件ご紹介させていただきました。

過去の掲載雑誌のご紹介ページもご覧ください。

3月のごあいさつ

三月のお雛祭りは女の子の健やかな成長と幸福を祈るために、お人形を飾り、家族で祝う行事です。

お人形を見る限り、貴族の風習であったことはわかります。もともとは貴族の人形遊びであったそうです。歴史的にはいつから始まったのかは判明できてないそうです。お人形でなく人形(ひとがた)であったという説もあり、それを流して厄を払うという意味あいもあったそうです。

江戸時代に、豪商や武家の家柄で座り雛、立雛ができたそうですから、これが現在に伝わる雛人形の形になったと思われます。

「雛(ひいな)」は小さくてかわいらしいものという意味で、ひな祭りの“ひな”の古語です。

これらが結びついて、人の厄を身代わりする男女一対の紙人形ができます。これが雛人形の原型といわれています。室町時代になると人形が立派になり、流すものから飾るものになり、江戸時代に絢爛豪華なお人形が、お嫁入りの道具になり、先祖代々伝わるようになったそうです。地域によっては、お雛様は女の子の身代わりという考え方が元々はあります。

そのため、お母様や御親戚からいただくのはあまりよくないと言われます。

元をたどると陰陽師の呪術の一つ人形(人形)にも通じそうです。 現在は立派な何段飾りでなくても、桃の花、雛あられ、甘酒で、温かくほっこりと過ごしていいと思います。 女の子の厄を払う目的でなく、幸福を祈って差し上げてください。 安 慶齢

安慶齢01月のご挨拶

安慶齢 の 占星術 姓名判断

 一日2名様限定で鑑定しております。

ゆっくりお話をうかがい、貴方が納得するまで誠実に鑑定いたします。

私の占いは、中国清王朝で主に、八旗貴族を占った占星術、姓名判断を主として誕生したものです。

乾隆帝時代に霊視ができる占い師の出現により歴代皇帝の運勢を占うようになりました。

しかし清王朝の消滅を言い当ててしまい、影響力の大きさゆえに、封印された幻の占いです。

姓名判断は画数はもとより字のもつ本来の意味、文字の作りを一旦分解し、韻を踏まえて吉凶を判断いたします。総合的に貴方の宿命を判断してゆき、魂の傾向性、今後の指針をお伝えします。

このように記述しますと奇異で難解な印象を受けるかもしれませんが、わかりやすく鑑定いたします。

登録サイト「羅針文書」では10年、よく当たる占い師としてランキングのトップをいただいております。あきらめる前にご相談ください。必ずお力になれます。

お申し込みの前に必ずこちらをお読み下さい
名づけ 鑑定のお申し込みをする

※只今お返事に1週間以上お待ちいただいております。大変申し訳ありまませんが、暫くお待ち下さい。

※ 携帯からメールをくださる方はPCからの着信許可設定をお願いします。

hotmailからは受信はできますが送信ができませんので、 他のアドレスでご登録をお願いいたします。

gmailからお申込みの方は、返信のメールが迷惑メールのフォルダに振り分けられる場合がございますのでご確認ください。
(PCサイト、携帯サイト共通)

※ 姓名判断、命名、占星術各種鑑定の前にご利用案内
プロフィールを必ず最後までお読みください。

※ 時間内での鑑定が不可能と判断した場合はお知らせいたします。

姓名判断 ページ 上部へ移動

トップページプロフィール鑑定料金ご利用案内お申し込み特定商取引法に基づく表記 | 個人情報の保護について | サイトマップ |