安慶齢 の 姓名判断 命名 占星術

ヘッダーメニュー画像 トップページ ヘッダーメニュー画像 お問い合わせ ヘッダーメニュー画像 アクセス 
甦る占術 安慶齢
  • トップページ
  • プロフィール
  • 占い師からのメッセージ
  • 姓名判断と命名
  • ご利用案内
  • ご利用案内
  • ご利用案内
安慶齢の公式ブログ

新着情報

占いのご用命の前に、ご利用案内とプロフィールをよくお読み下さい。

講演,執筆依頼について

雑誌等の掲載のご依頼や講演への出席や各誌への執筆の依頼のご相談もお問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。

12月の安慶齢トップページ

安慶齢ウェブサイト新着情報

2017.1201 都内の紅葉も色づく12月。鑑定はお問い合わせフォームご利用下さい。

2017.1201 「お客様からのメッセージ」を、1件ご紹介させていただきました。

過去の掲載雑誌のご紹介ページもご覧ください。

12月のごあいさつ

いよいよ12月です。師走の語源は諸説ありますが、めったに走ることのない教師も走るくらい慌ただしい月という説。

これは昔(江戸時代)お醤油やお米などツケで買うことが多く溜まったツケの清算に追われ、走ってお金を工面する、あるいは回収するということからでしょう。本来の由来である「師」はもう少し広い意味を持ちます。教師だけでなくお坊さんや、兵隊、御師(お寺や神社への参拝者)のことを指します。昔はお坊さんは12月にお経をあげるために忙しく走っていました。何しろ、昔はお盆と同じように正月も、先祖の霊を弔うというもので、お坊さんが家にいってお経をあげていたのです。現代ではなかなかイメージがしにくいものですが、地方などに行くといまだに慣習があるようです。

・年が果てる=年果つ(としはつ)から変化した説

・きっちりと仕事をすべて終える=仕極つ(しはつ)が変化した説

・季節が終わる=四季が極む=四極(しはつ)が変化した説などがあります。

どの説もそれらしく思えるのですが、なぜ「師走」という漢字があてられたのかは不明です。 「年果つ」はまだしも、そのほかの読み方については現代に生きる私たちにとってはなかなか受け入れがたいものがあり、やはり「先生も走り回るほど忙しい」から師走、というのが最も覚えやすいですね。 お元気に年末をお過ごしになって、明るい新年をお迎えください。 安 慶齢

12月のご挨拶

安慶齢 の 占星術 姓名判断

 一日2名様限定で鑑定しております。

ゆっくりお話をうかがい、貴方が納得するまで誠実に鑑定いたします。

私の占いは、中国清王朝で主に、八旗貴族を占った占星術、姓名判断を主として誕生したものです。

乾隆帝時代に霊視ができる占い師の出現により歴代皇帝の運勢を占うようになりました。

しかし清王朝の消滅を言い当ててしまい、影響力の大きさゆえに、封印された幻の占いです。

姓名判断は画数はもとより字のもつ本来の意味、文字の作りを一旦分解し、韻を踏まえて吉凶を判断いたします。総合的に貴方の宿命を判断してゆき、魂の傾向性、今後の指針をお伝えします。

このように記述しますと奇異で難解な印象を受けるかもしれませんが、わかりやすく鑑定いたします。

登録サイト「羅針文書」では10年、よく当たる占い師としてランキングのトップをいただいております。あきらめる前にご相談ください。必ずお力になれます。

お申し込みの前に必ずこちらをお読み下さい
名づけ 鑑定のお申し込みをする

※只今お返事に1週間以上お待ちいただいております。大変申し訳ありまませんが、暫くお待ち下さい。

※ 携帯からメールをくださる方はPCからの着信許可設定をお願いします。

※hotmailあるいはgmailからお申込みの方は、返信のメールが迷惑メールのフォルダに振り分けられる場合がございますのでご確認ください。 (PCサイト、携帯サイト共通)

※ 姓名判断、命名、占星術各種鑑定の前にご利用案内
プロフィールを必ず最後までお読みください。

※ 時間内での鑑定が不可能と判断した場合はお知らせいたします。

姓名判断 ページ 上部へ移動

トップページプロフィール鑑定料金ご利用案内お申し込み特定商取引法に基づく表記 | 個人情報の保護について | サイトマップ |